商品の入荷や、スタッフの日々の日記などをブログにて紹介してます。【Rhythm…郡山市 Adele&Simon...山形市】


by w-s-r-e-garan424

カテゴリ:未分類( 159 )

Lost railの今年の初売り

明けましておめでとうございます
本年も よろしくお願いします。

今年も たくさんの方がいらっしゃいました^ ^
e0129272_10535947.jpg

e0129272_1054374.jpg

e0129272_1054679.jpg


土、日曜日もお待ちしております!
[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2014-01-04 10:51

Aラインワンピース

e0129272_13434183.jpg

e0129272_13434196.jpg


オリジナルワンピースが出来上がりました^ ^
[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-10-11 13:28
e0129272_2354752.jpg
e0129272_2354895.jpg
秋を感じるジャガードワンピース

重ね着で初秋も引っ張れるアイテムです♪

[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-09-17 23:01

Rhythm

arukuに載ってます♪

e0129272_13286.jpg

[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-06-02 12:59

オススメ

e0129272_11572664.jpg
e0129272_11572745.jpg
e0129272_11572834.jpg
e0129272_11572959.jpg
マルセイユ石鹸

森と

海へ

Rhythmにも入荷してます♪

[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-05-29 11:54

Happy Birthday

e0129272_2354645.jpg


4/24今日はボスの誕生日です
一年に一度しかない誕生日ですね

私がはじめてお店に足を踏み入れた日から10年。
その頃からずっと付き合いのあるお客さんと
「ボスは変わんないね 笑」
「加藤さんは変わんないよなぁ」

うん。変わんないッス。
不思議ですが、ボスは歳を取らない気がします。

ボス
いつまでも健康で元気で怖いくらいパワフルでいて下さい。
みんなの兄貴であり、親父でありボスです。

P.S
ボス、私が居ない時に、私の歳をバラすのは止めて下さい。
[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-04-24 23:40
e0129272_1537534.jpg


こういうあっさりしたカットワンピが重宝するシーズンが来ますね。

リネンのサルエルパンツと合わせても使いやすいです♪
[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-04-23 15:35

コンプレックスと洋服

「直線的な」=ボーイッシュであり、若々しさのあるデザイン(ボーダー、ストライプ、パリッとしたシャツ、チノパンetc)が好きな反面、歳を重ねる毎に現れる、女性特有のふくよかな柔らかさや、丸さが洋服に出てしまう。汗
そうすると、直線のデザインを損なってしまい、変な所にシワが出たり、膨らみすぎたり。
頭の中のイメージと違う自分に落胆...。
本当に悲しくて泣けてくるんです。

デニムが似合わない 泣。
しかも、ブルージーンズが!涙。
靴を変えても、トップスを変えても、小物でアレンジしても。。。
もう、打つ手はない状態。

それで、ホワイトデニムを履いたのがきっかけでした。
なんだかとっても似合う(笑)

「白の清潔感と柔らかさが女性らしさなんだなぁ」と。
更に、歳を重ねる毎に女性らしさを取り入れる大切さを実感しました。
ちょっとストイックになり過ぎるので 笑。

今の私の悩みって皆さんもっと前から悩んでたはず?!
って気づき...。
ホワイトデニムがたくさん入荷したんです。

変わってないつもりが、変わってしまうんですよね...。お体の悩みって...沈。


コンプレックスがあるから良い洋服を選びたいし、うんと若い頃より今の自分の方が好きだしオシャレだなって思うし。

10年後20年後に、もっとそう思える物を選べる目になりたいなーって改めて再確認した、昨日は刺激的な展示会でした。

今年の秋冬物もとっても楽しみですよ♪

それでは
おやすみなさい!
[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-04-18 23:54

石川昌浩 × 倉敷硝子

e0129272_049813.jpg

石川昌浩×倉敷意匠

「日本人がつくる日本の硝子器」

光を映す素朴な硝子

もちろんガラスですから、
食卓では涼やかな佇まいを見せてくれます。
でも、石川昌浩さんのガラスのコップには
どこか、ぬくもりがあるのです。
まず特徴的なのは、「ハチミツ色」といわれる
澄んだ薄い金色。
底に残った「ポンテ跡」(制作行程で
底に付いたガラスを切り離したときに残る跡)。
そして、口吹きガラスならではの
ひとつとして同じもののない、有機的なかたち。
ひとつひとつに個性があり、言い方を変えると、ちょっと「いびつ」にも見えるのかもしれません。
でも、それがいいと思うのです。
息を吹き込み、型にあて、口の部分を
ハサミでちょきちょきと切り落とす。
コップを手にすると、そんな一連の作業が
まさに手にとるように感じられます。
「いびつ」だからこそ、
コップに注ぐものや、使う時間帯、光、
そのときの心模様、
そんなささやかなことで、
毎回、同じコップの違った表情を楽しめるのです。
「いつも洗いカゴにあるような、
普段着のコップであってほしい」と
石川さんは言います。
使うたびに愛着がわくコップです。
春夏秋冬、食器棚に入っている暇はないはずです。

そんな素敵な硝子器で今夜は。。。
[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-04-15 00:47

Happy Birthday

e0129272_91072.jpg


Simonお誕生日おめでとう!
[PR]
by w-s-r-e-garan424 | 2013-04-14 08:59